収納の多いローコスト住宅の間取り図

今回のローコスト住宅の間取りは36坪4LDKのプランです。

西道路の想定でプランは作成してありますが
南道路や北道路でも使用可能な間取りプランです。

リビングダイニングキッチンは南の庭に面しており
明るく開放的な窓がリビングとダイニングに配置されています。

リビングのテレビの背面には納戸収納があり
テレビの配線なども後ろにかくすことができます。

また、リビングに散らかりがちな小物も
テレビの背面にすっきり片つけられます。

キッチンは対面式でダイニング越しに庭が眺められ
勝手口から東に出ることができます。

キッチン付近に 洗面脱衣室やバスルームなどがあり
配管経路なども2階を含めてまとめられているので
水周りはまとめられて合理的な配置になっています。

和室は6畳リビングから出入りする形になります。

階段はリビング階段で2階へ上がります。

8畳の寝室6畳のベッドルームが2室あり、

8畳の寝室にはウォークインクロゼットがあります。

2階にも洗面室とトイレがあるので混雑が避けられて快適です。

納戸などの収納も豊富で2階も1階も片つけられます。

総二階の間取りになるので比較的ローコストで建築可能な住宅になります。

また、シンプルな四角い家になるので
屋根形状もシンプルで雨漏りに強い家になります。

5LDKの書斎のあるローコスト住宅の間取り図

参考のプランは34坪5LDKの2階建てローコスト住宅の間取りです。

間取りはほぼ正方形に近い長方形です。

北道路の想定で北側の玄関になります。

リビングダイニングキッチンは18畳の広さで
南側の南に面して配置されています。

玄関ホールは3畳程度の広さでシューズボックスカウンターがあります。

和室は4.5畳で玄関からとLDKから出入りすることができます。

リビング側は引き戸を開放することでリビングと一体化して
リビングを広く活用することができます。

又、和室には押入れと床の間がついています。

キッチンは対面式でダイニングとリビングを見渡すことができます。

階段は独立階段で東側の水周り付近から登ります。

この位置はキッチンから上り口が近くなることと
2階の各ベッドルームから洗面やお風呂に行く際に玄関を通らなくするためです。

この配置によって独立階段と2階からの動線計画の
よくない部分を解消することができています。

2階には寝室8畳と4畳の広いウォークインクロゼットと6畳の洋室、
5.5畳の洋室と、3畳の書斎があります。

8畳の寝室と6畳の洋室から南のバルコニーテラスへ出ることができます。

2階にも洗面室とトイレがあるので、
1階まで行かずに洗面所を利用することが可能です。

間取り図は総2階になっているのでローコスト住宅にすることができます。

5人家族で住むローコスト住宅の間取りプラン

今回のローコスト住宅は39坪5LDKの5人家族で住む間取り例です。

部屋数は2階にベッドルームが4室、1階に和室が1室あります。

LDKは1階に18畳の広さであり和室6畳と連続します。

和室6畳はリビングに対して引き戸を開放できる間取りになります。

リビングもダイニングも和室も、2階のベッドルームも南窓になり、
全室南窓のある明るい間取り図になります。

2階には子供部屋が3室あり、夫婦と子供3人の5人家族で住むことができます。

洗面室2畳と脱衣室は2畳で別のスペースになり、
浴室と脱衣室が使用されているときでも洗面室を使うことができます。

また、2階にも洗面スペースがあるので混雑が避けられます。

階段は独立階段でリビングに来客があっても
洗面脱衣室へリビングを通らず行くことができます。

キッチンから近い位置に脱衣室の引き戸があり洗濯機に短い距離で移動できます。

間取りは総2階で長方形のシンプルな形状なので
建築コストを抑えることも可能になります。

また、屋根形状もシンプルになるので
雨漏りなどのリスクも軽減されます。

家事室のある2階リビングの住宅の間取りプラン

今回のローコスト住宅は開示室のある間取りプランです。

38坪5LDKの2階リビングの間取り図です。

敷地は南玄関で1階に洗面脱衣室と浴室とトイレ、
ベッドルームが3室あります。

8畳の寝室は南の庭に面して明るい部屋で
ウォークインクロゼットも3畳と、収納量もあります。

子供部屋の設定の容易sつ6畳には各部屋にクロゼットが1畳あります。

玄関には下足箱とコートなどを入れるクロゼット収納があります。

廊下には1畳の物入れもあります。

2階リビングは日当たりの良いベランダに面して
明るいLDKのスペースで景色を遠くまで見渡せます。

リビングもダイニングも広いベランダに面しているので
より広く感じられます。

リビングに接して和室6畳があり、
引き戸がオープンにできるようになっています。

小上がりの和室にすることで腰掛けながら景色も見渡せます。

キッチンは対面式のフルフラットキッチンです。
バックカウンター収納も広くデザインの良いキッチンになります。

キッチンの横には3畳の家事室があります。
主婦のための作業スペースとしても活用できます。

パントリー的な収納として使うこともできるので
キッチンの収納をより充実させて使い勝手がよくなっています。

2階にも洗面とトイレがあり、
上下階で同時に利用できるので混雑が避けられます。

2階のリビングからも近いので1階まで行かずに洗面台を使えます。

広いデッキのバルコニーテラスは
テーブルと椅子を置くことも出来ます。

子供が多い場合の家計に優しいローコスト住宅の間取り図

今回のローコスト住宅の間取り図は6LDKです。

39坪の広さの住宅の中に個室を6部屋確保しているので
人数の多い家庭や部屋数を必要としている家庭に重宝します。

結婚している人が少ないとか少子化とか言われますが
家庭を持っている人の中で3人子供がいるという例も多く聞きます。

新婚の方の住宅のプランを依頼される場合でも
将来的に子供は3人欲しいと言われる方も多いのです。

子供が小さいうちは部屋数も少なく
賃貸住宅でも十分生活が可能です。

ところが小学校や中学生になるにつれて
自分の部屋が欲しいと子供が要望することも多いのです。

ところが住宅炉作る場合には予算と言うものがあります。
子供が多いということはそれなりに出費が予想されます。

限られた予算でロココスト住宅の間取りで
部屋数を増やすことができたならそれに越したことはありません。

そこで今回の間取りでは部屋数を6部屋確保しています。
1階の和室や2階の書斎も利用すればかなりの家族の数に対応できます。

家族が多くなると脱衣室が使用しているときに
洗面室が使えないと家族間のトラブルを抱えます。

それを解消するために洗面室と脱衣室は分けた間取り図にしています。

トイレのそばに洗面台を配置したので
トイレを使用した後にすぐ使えるのも魅力です。

階段付近に水周りを配置して独立階段にしたので
リビングに来客があっても顔を合わせずに洗面脱衣室を利用可能です。

玄関からも見えにくい場所にあります。

家族の人数が増えると収納も足りなくなります。

間取りは総二階なのでこれ以上スペースが増やせませんから
屋根裏のロフトスペースに16畳のロフト収納を確保しました。

階段で上れるようになっているのでロフトへ行くのにも
楽に上り下りすることができます。

書斎を設けたのには理由があります。
家の主人や家計を支える人用に専用の部屋があることで
家で仕事の残りなどを行ったり、
趣味のスペースを持つことができます。

これによって家計を増やす効果が生まれるといわれます。
主人の書斎は収入のアップにつながると言うことです。

出費を減らすよりも家計の収支での効果が望めます。

広いシューズクロークのある住宅の間取り例

今回は36坪4LDKの二階建てのローコスト住宅の間取り図です。

1階にLDKと水周り、2階にベッドルームのある間取り図です。

北道路の想定で北玄関になっています。

玄関ホールには下足箱と2箇所から出入りのできる
広いシューズクロークがあります。

玄関土間とホールから出入りのできるシューズクロークなので
内部で靴を履いたり脱いだりすることも可能です。

リビングダイニングキッチンは南の庭に面しており
対面式のキッチンからはLDK全体が見渡せます。

キッチンからは洗面脱衣室に行きやすく
洗面室と脱衣室は別になっています。

バスルームや脱衣室が使用時でも洗面台を使用することができます。

リビング階段から2階へあがる間取り図は
リビングを通過して個室に行くので
子供部屋へ行くのにLDKウィ素通りすることがありません。

2階の南側には8畳の寝室が配置されています。
4畳の広いウォークインクロゼットは布団も収納します。

個室は6畳が2室と書斎として4.5畳の部屋があります。

トイレは1階と2階に2箇所あるので混雑するストレスが軽減されます。

部屋数の多いローコスト住宅の間取り図

参考のプランは36坪5LDKのローコスト住宅の間取り図です。

間取りは総二階の四角い建物になっており
屋根もシンプルで最小の面積になります。

壁の面積も無駄のない面積になるのでコスト削減が見込めます。

間取りは36坪ながら部屋数も5部屋確保されています。

リビングダイニングキッチンは18.5畳と広く
対面式キッチンでオープンなためより広く感じられます。

リビングもダイニングも南の庭に面して窓があるので
明るく日当たりの良い、景色のよい部屋になります。

リビングとダイニングに面して、和室6畳が隣接しており
引き戸を開けるとLDKと一体化するので広くなります。

和室はゲストルームや茶の間、子供の遊び場など
オールマイティーな用途に活躍します。

キッチンの近い場所に洗濯機のスペースがあるので
家事するのに移動が少ない間取りになります。

階段はリビング階段で2階へ上がります。

2階のベッドルームは子供部屋が3室と寝室8畳が1室
寝室にヲークインクロゼットがあり、共用の納戸が3畳あります。

トイレは1階と2階に二階所あります。

最近の投稿

プロフィール

一級建築士、注文住宅、分譲住宅など住宅の設計を多数手がける。リアルな現場の現状を取り入れて住宅設計に生かす。現在要望の多い間取り図を紹介中。

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村