34坪5LDKペットルームのある間取り

参考のプランは34坪5LDKのペットルームのある間取りです。

ローコスト住宅のプランながら、LDKと5室をもち
そのうちのひとつの3畳の部屋がリビングに隣接
引き戸で開放できるようになっています。

オープンにしてケージを開放しても良いし
クローズしてペット専用のスペースにしても良いし
ペット用品の専用の収納庫にしても良いでしょう。

汚れてしまう場合は床の仕上げもフローリングではなく
ビニルタイル系の仕上げに変えることで
掃除のしやすいプランにすることも可能になります。

戸建て住宅というとマンションではなかなかできない
ペットなど趣味のスペースを持つと言うこともできます。

このプランでは一般的な広さの住宅に
寝室8畳とウォークインクロゼット、
子供部屋の想定の部屋を3室を持つことができています。

子供との生活を重視するのであれば
3畳の部屋を学習コーナーにする時期があっても良いでしょう。

洗面脱衣室も広くLDKもゆとりがあるので
住みやすい間取りになっています。

28坪3LDK総二階のローコスト住宅の間取り

参考のプランは28坪3LDKのローコスト住宅の間取りです。
南道路の想定で南玄関になります。

建物の延べ床面積を27.5坪に抑えることで
建築資材の使用量をおさえています。

総2階の間取りにすることによって、
建材のロスの少ない間取りになっています。

2.5間の間口のプランなのでかなり狭い間口の敷地に収まり、
土地を含めてコストを下げることができます。

間口の狭い土地は都市部の便利な場所にもあり、
また、母屋の隣の空き地を利用して、
子供の世帯の家にすることもできます。

2階建てにコンパクトにまとめることで
コストを抑えているので
上に収納を増やしたりする場合でも、
部屋にする場合でも三階建てを避けたほうが安価です。

収納を増やす場合はロフトの空間にすることで
2階建てのローコスト住宅の間取り、
総2階を維持したほうが得策でしょう。

住宅ローンを早く返済できるローコスト住宅の間取り

参考のプランは30坪4LDKのローコスト住宅の間取りです。

玄関ホールや廊下を最小限に抑えることで
実用的なスペースを増やすことに成功しています。

リビング階段で二階に上がるので階段がインテリアの見せ場になります。
キッチンから洗面脱衣室の動線計画も短く
洗面脱衣室の洗濯機へ行きやすい間取りになっています。

トイレは廊下を介して、扉を2重にすることで
音対策をするようにしています。

二階には子供部屋になる洋室が2室、
各部屋は5畳でクロゼット付きになっています。
南にバルコニーテラスがあるので布団や物干しになります。

寝室は8畳でウォークインクロゼットが3畳
書斎は2畳で小さめですが、あることによって
主人の仕事が円滑になり、金銭面でプラスになります。

書斎があると経済的にプラスになるということです。

住宅ローンを早く完済したい場合は
主人の書斎を作るのが効果的なのです。

37坪5LDK書斎のある間取り

参考のプランは37坪5LDKの書斎のある家の間取りです。
南道路で南玄関の想定です。

玄関ホールにはシューズボックスとシューズクローク
リビングダイニングキッチンは18畳で
和室6畳が隣接して引き戸で開放できる間取りになっています。

キッチンは対面式キッチンでオープンな間取り

洗面脱衣室は2畳でキッチンの近くに配置されており
家事動線がコンパクトにまとめられています。

浴室は1坪タイプ2畳のユニットバス

2階へは独立階段で登りますが
リビングを通って2階へあがる間取りなので
家族のコミュニケーションに配慮したプランになります。

2階は寝室が8畳でウォークインクロゼットが3畳
南のバルコニーに面しているので物干しに便利です。

子供部屋の設定の洋室6畳が2室、各部屋にクロゼット付き

書斎が2.5畳で趣味の部屋に利用できます。
納戸にして使うことも可能です。

35坪5LDK書斎のあるローコスト住宅の間取り

参考のプランは35坪5LDKのローコスト住宅の間取りです。

総2階に間取りで1階がLDKと水周りと和室
2階に寝室と個室、書斎が配置された計画になっています。

リビングダイニングキッチンは広く20畳で、対面式キッチン。
リビングに面して4.5畳の和室が引き戸でオープンになる間取りです。

洗面脱衣室は2畳で浴室は1坪タイプの2畳
トイレは階段下を有効利用しています。

2階の寝室は8畳でウォークインクロゼットが2畳
書斎が4.5畳で子供部屋になる洋室が6畳でクロゼット付

各部屋の間には収納を設けて
音が伝わりにくいように配慮しています。

東西に広いバルコニーは物干しに利用
寝室から出れるような配置なので便利です。

トイレは2階にも配置して2箇所になります。

32坪4LDK北玄関のローコスト住宅の間取り

参考のプランは32坪の正方形のコンパクトな間取り
正方形で総2階の間取りなのでローコスト住宅で建築できます。

北玄関のプランで北道路や東道路、西道路など
駐車場を配置しても小さな敷地におさまりそうです。

北道路のほうが同じエリアだと
南道路よりも土地が安価なケースもあるので
土地と建物の費用を抑えるのにも役に立ちそうなプランです。

玄関は北西で北東の鬼門方位をはずした間取り
ちょっと風水や家相にも配慮したい人にも良いです。

正方形の間取りは屋根が複雑にならないので
雨漏りのリスクも軽減されて合理的で安心感もあります。

また構造的に偏ったバランスになりにくいため
安定した耐震性能を発揮するプランであるとも言えます。

1階に南にリビングダイニングがあり日当たりの良い
リビングとダイニングキッチンのスペースが確保されます。

対面キッチンでオープン、洗面脱衣室の洗濯機への動線も短く
家事動線のコンパクトな住宅になっています。

和室は引き戸でリビングにオープンになり、
キッチンからも見えやすい位置になるため、
小さな子供の遊び場にして、監視しながら家事を行うこともできます。

2階には南に子供部屋になる個室が2室
寝室は8畳でウォークインクロゼットも4畳と
たっぷりとした収納量があります。

ウォークインクロゼットは風通しも良く
かびにくい快適な収納になります。

廊下が少ないため部屋数が確保されて
延べ床面積の抑えられたローコスト住宅の間取りです。

収納が少ないと感じたらロフト収納、小屋裏収納と呼ばれる、
屋根裏収納を付け足すことで収納量の問題は解消するでしょう。

32坪4LDK土間収納のある間取り

参考のプランは32坪4LDKのローコスト住宅の間取りです。
北道路の想定で北玄関の配置です。

玄関ホールは3畳シューズボックスと土間収納があります。
階段室とあわせて広がりのある玄関ホールになっています。

トイレは階段下を利用したスペースにすることで
洗面脱衣室を2畳から3畳の大きさに広くしています。
そのことで洗面脱衣室に収納を置くスペースができました。

リビングダイニングキッチンは16畳で対面式のキッチン。
キッチンはリビングとダイニングを見渡すことができて、
さらにダイニング越しに庭を眺めることができます。

和室はリビングに対して引き戸を開放することができ、
リビングダイニングと一体化して広いスペースに感じられます。

2階には寝室8畳ウォークインクロゼット3畳があります。
ウォークインクロゼットは風通しも良く
内部の湿気対策もしやすい収納スペースになります。

洋室6畳が2室で当初は1室にして広く使うことのできる
自由度のある間取りになっています。

最初はこちらを寝室に使って寝室を個室にしても良いでしょう。

32坪4LDK4間間口のローコスト住宅の間取り

参考のプランは4間×4間の32坪4LDKの間取りです。
総2階のローコスト住宅の間取りで北玄関、北道路の想定です。

北道路だけでなく東道路や西道路でも使えるプランです。

玄関ホールは3畳で階段室と一体化して広く見せる工夫。
リビングダイニングキッチンは16畳で対面式です。

和室4.5畳がリビングに隣接して、引き戸で開放できることから
広くリビングダイニングをすることができます。

キッチンから行きやすい位置に洗面脱衣室と浴室を配置
階段も近いので上の階の個室からも移動しやすくなります。

2階は東側に子供部屋の設定の洋室6畳が2室
南に8畳の寝室、ウォークインクロゼット4畳付があります。

1階と2階それぞれにトイレもあるので便利です。

バルコニーテラスは東西に広く物干しに使います。
正方形の総2階の住宅なので屋根もシンプルで
雨漏りに強い形状になり、ゲリラ豪雨対策になります。

総2階でシンプルな形状は構造的にも安定し、
ローコスト化しながら耐震性も高まります。

35坪4LDKローコスト住宅の間取り

参考の間取りは30坪4LDKのローコストプラン
長方形に近い形で1階と2階をつくり
ロスのないプランに仕上げています。

玄関ホールは3畳階段室とあわせて
広がりのある玄関になっています。

リビングダイニングキッチンは18畳と広く
対面式キッチンでオープンな間取になっています。

和室の6畳は床の間と押入れ付で
リビングに対して引き戸で開放できるようになっています。

よりリビングが広く見えるプランになります。

2階は寝室8畳ウォークインクロゼットが3畳付
洋室は6畳が2室あり、部屋の仕切りは収納になって
音漏れなどの対策になっています。

トイレは1階と2階にあります。

34坪4LDKローコスト住宅の間取り

ローコスト住宅を建てる場合で土地を購入する場合、
同じエリアで土地を探して比較検討した場合に、
南道路の土地が高価な場合ああります。

北道路のほうが安価であった場合
北道路での間取りの検討も必要になってきます。

北道路のデメリットは南を家でふさがれるということです。
逆にいないがある家にならないので
プライバシーが確保されるというメリットもあります。

また、北道路のほうが外観は美しくなる場合もあります。
バルコニーテラスのある南の外観はありきたりになりがちですから、
北玄関んの外観デザインのほうが個性的なのです。

参考の間取りでは玄関に土間収納を作るなど
収納量を確保して、使い勝手の良い間取りです。

キッチンの近くに洗面脱衣室とお風呂があることで
家事動線計画に配慮してコンパクトにまとめられています。

バルコニーテラスも広く物干しに便利な間取りです。

和室はリビングに解放できるようになっており
よりリビングを広く使うことができます。




最近の投稿

アーカイブ

プロフィール

一級建築士、注文住宅、分譲住宅など住宅の設計を多数手がける。リアルな現場の現状を取り入れて住宅設計に生かす。

PVアクセスランキング にほんブログ村