28坪2LDK二人で住む小さな平屋の間取り図

今回紹介するのは28坪2LDKの平屋の間取りです。
南道路の想定で南玄関になっています。

玄関の方にはカウンターの収納と土間収納があります。

土間収納は1畳ぐらいでコートなどをかけるクローゼットがあります。
玄関は奥に広い感じて4畳のスペースになっています。

少し余裕があるのでディスプレイをするか観葉植物など置いてもいいと思います。
雑然としてしまう恐れもあるので色んな物を置かない方がいいのかもしれません。

玄関のたたきの部分を広くしたいという場合は
玄関収納の位置を変えてアレンジするといいかもしれません。

玄関のすぐ西側には和室6畳があって押入れ1畳床の間事情があります。

南の方に掃き出し窓がついていて西にも窓があり、
対角線上に風が流れるので風通しの良い家になります。

この和室はゲストルームとかあるいは趣味の部屋に作り変えることはできます。

リビングダイニングキッチンは18畳で対面式で
キッチンからダイニングとリビングを見渡すことができます。

リビングの南側には広い掃き出し窓はついていて庭に出ることができます。
キッチン背面の収納とパントリー収納があります。
このことでキッチンの収納量が増して使い勝手を良くする効果があります。

勝手口がついてることによって例えばゴミを外に置くこともできます。
勝手口で風通しも部屋の対角線上に流れるといったふうになります。

洗面のすぐ近くにタンクレストイレと手洗いカウンターの収納があります。
トイレの方は幅を取らなくてもいいので手洗いのぐらい広くしてあげれば
ゆとりのあるトイレにすることができます。
そのことで毎日ですね数回使うトイレのスペース必ず使うスペースが
非常に良い環境になるので少し欲張ってみると毎日楽しくなります。

トイレのインテリアは間接照明を天井の角に入れるだけでも
それだけでも全然変わりますので、天井に照明をつけるのではなくて
壁につけるとそれだけでも変わってきますのでアレンジしたいところです。

洗面の奥の方には脱衣室があって浴室が奥の方にあります。
バスルームは一坪タイプで最もショールームにある大きさになります。

脱衣室の方には収納もつけることができます。
寝室8畳でそして大きな衣装室、ウォークインクローゼットがあります。
こちらの方は洗面側からも出入りするといった形にしてもいいです。
リビングからも出入りする扉をつけることでも使い勝手は良くなります。

平屋の間取りの大きさは28坪でほぼ正方形に近い長方形になります。
シンプルな形状なので屋根もシンプルになって無理な構造にもならないため
地震にも強く、台風にも強く、雨漏りの心配もないような形状で
災害に強い家にすることができます。

複雑な形状しないことで美しい外観を得るということと
コストも抑えられると思います。

家族の数が多くない人が建てる場合
二階建てにしなくてもいいという方も多いので
小規模の平屋の検討もしてみるのはいかがでしょう。

27坪3LDKの家族で住むローコスト住宅の間取り図

今回のプランは27坪3LDKのローコスト住宅の間取りです。

南道路の想定で3間間口の間取りになります。

リビング階段で2階へ上がるようになっており
総二階の間取りになっております。

階段下は収納で使うようになっています。

キッチンは対面式でダイニングとリビングを見渡せるようになっています。

キッチンから近い位置に洗面脱衣室と浴室があり
家事動線もコンパクトにまとめられているので作業しやすくなります。

玄関ホールは3畳で十分な広さを確保しています。
シューズボックスは天井まである仕様になっています。

玄関付近には収納もあります。

2階にはベッドルームが3部屋あります。

寝室8畳はウォークインクロゼット付きです。

子供部屋の想定の洋室は各部屋5畳程度で
南の明るいベランダに接して配置されています。

トイレは1階と2階に2か所あるので混雑が避けられます。

家族構成は4人か2人くらいを想定しており
夫婦2人と子供二人の家族が住める住宅になります。

シンプルな形状で27坪と延べ床面積も大きくはないので
ローコストで建築が可能な間取り図になります。

最小の一戸建て住宅の間取り図、9坪ハウス

今回は9坪ハウスについて解説してきます。

建坪を最も小さくして間取りでみようという企画みたいなもので
9坪ハウスいう言葉も一応あるんですね。

小さい住宅という意味で使われている9坪というのは建坪9坪のスペースになります。

2階建てで18畳の広さですね

この間取りは2階建てなので2階建てで18坪になります。

2 LDK で1階に玄関と物入れ靴を入れる収納と
階段した利用したトイレとL DK は13畳と小さめです。

ダイニングとリビングのスペースが設けられて
対面式キッチンなってるという感じです。

壁面にキッチンをつけて広く使うこともできます。

階段を登っていくと2階の方に5畳と4畳の小さめだけども
個室が2部屋あります。

1階に洗面と脱衣室を設けると部屋が成立しないので
2階に洗面と浴室を作ってあります。

スペースの関係でトイレは1階になっていますが
収納を減らしていけば2階でも配置ことができます。

そして9坪ハウスの中でも3階建てにしたパターンです。
27坪のスペースになります。

こちらはかなり現実的なプランなります。

先ほどの18坪の住宅は特殊な家だと思います。
一人で住むとかあまり現実にそんなに多くないパターンではないかと思います。

そこまで小さくして住む人があるかっていうところもあります。

三階建ての方は27坪でローコスト化したプランです。

敷地が狭い場合に十分使える間取りで建坪は9坪で3層に重なる形になります。

一階に個室があり2階にLDK 3階に個室が2室2で
3 LDK の間取りになります。

3階には4.5畳と6畳のベッドルームがあってトイレもあります。
2階は16畳の LDK でキッチンを対面式で
南側にリビングダイニングがあって南に窓があります。

2階の方にも南に部屋があってこちらは夫婦の寝室にして
3階に子供部屋という形にすれば家族で住めるようになっています。

1階の方にある洗面と浴室がありベッドルームのある1階にトイレがあります。
2階を中心に上下階に移動するという形になってきます。

今回は建坪9坪は小さいスペースを活かしながら作った
二階建てと三階建ての間取りを紹介しました。

30坪3LDK二階リビングのローコスト住宅の間取り図

今回紹介するのは30坪3 LDK の二階リビングのローコスト住宅の間取りです。

30坪というコンパクトな広さの間取りで2階2 LDK があります。

2階にLDK のある間取りはその上の階に部屋がないので
LDK の天井を高くすることができます。

そのことによって LDK のインテリアはモダンで開放的で
天井が高くインテリアも見栄えの良いものになってきます。

そしてバルコニーの方に窓がたくさん付いていますが
こちらの方も景色が良い場合に遠くまで見える
眺めの良いスペースにすることができます。

リビングのソファにはリビング収納もあって片付けられるようになっているので
よりシンプルで整頓できるようなになってきます。

対面式キッチンのキッチンからは遠くを眺めながら
作業することができるような配置になります。

そしてキッチンの横に一直線上にダイニングテーブルがあって
キッチンと一体化したようなインテリアを作ることができます。

そして LDK の横には洗面脱衣室とトイレ、浴室があります。

1階の方にはベッドルームが3部屋あります。

西道路の想定で玄関ホールの方は西側についていて西玄関になります。

玄関には土間収納がついていてカウンターの下足箱があります。

南の方に洋室7畳と5畳用があって東に窓のついている5畳の部屋があります。

子供部屋の想定の部屋は5畳二部屋で各部屋にはクローゼットが付いています。

一部屋の方にはウォークインクローゼット1.5畳になっています。

7畳の部屋の方には2畳のウォークインクローゼットと
小さめのクローゼット収納が付いています。

各部屋は窓が2箇所ずつあってそして対角線上に風が通り抜ける
風通しの良い配置になっています。

階段は折り返し階段なっていて踊り場があるので
より登りやすく安全な形状になっています。

階段下はもの入れになっています。

階段を登っていくと二階リビングに出るといった形になります。

2階リビングは1階のリビングよりも日当たりも良くなってくるので
周りの家に囲まれて日当たりが望めないような場合
リビングを明るくしたい場合には
2階リビングの方が快適に明るくすることができるという考え方もできます。

寝室の方は寝るためのベッドルームだということで割り切って
陽当たりはあまり望まないということであれば
二階リビングにしてリビングを優先して
明るく快適に作っていくという感が相方もできます。

今回の間取りは30坪とそんなに大規模ではない間取りですが
寝室が夫婦の寝室で子供部屋が2室でで四人家族ぐらいの想定の間取りになっています。

間取りもそんなに複雑でないことから
比較的ローコストで建築が可能な間取りになっています。

部屋数の多い5LDK総二階のローコスト住宅の間取り図

今回のプランは36坪5 LDK の部屋数の多い間取りになります。

部屋数は36坪の総二階の間取りで1階に1部屋と2階に4部屋の
合計5部屋の5 LDK になります。

部屋の割り当てとしては子供が3人、そして寝室夫婦の寝室これで5人。

そして1階の方にも部屋があるので、子供が四人の家に使うことができます。

子供が3人の場合でもこちらの部屋を趣味のスペースにすることもできます。

当初は子供のお絵かきのスペースにしたり
ジャングルジムとか滑り台を置くスペースにしても良いと思います。

将来的に親と同居の方に想定するという形でもいいですね。

親と同居しない場合では学習コーナーとかペットルームとか
いろんな用途があるのでフリーに使えるスペースになります 。

LDK の方は18畳でそして水回りの方がキッチンに近く使いやすい位置にあります。

洗面脱衣室のそばには共用の物入れがあります。

階段の下を利用してトイレが作ってあるので
限られたスペースを有効利用しているという形になります。

玄関ホールにはコートなどをかけるクロゼットがあります。

そして独立階段で2階に登っていくと南の方に子供用の想定の部屋があります。

北のほうに夫婦の寝室が8畳があります。

夫婦の寝室にはウォークインクローゼットが4畳あります。

一階と二階でトイレがあって混雑を避ける避けることができます。

間取りは総二階ですので合理的にコストが高くならないような配慮がされてます。

そして屋根形状もシンプルになっており、
形状がシンプルになるということは
屋根の雨漏りのリスクが少なくなってきます。

最近は集中的な豪雨や台風などで記録的な雨量計測しているので
こういったリスクはできるだけ少ない方が無難という考えができます。

収納も広くて収納量も豊富で勝手口から外に出れるのでゴミ出しとか
一時的にゴミを外に置くのも便利なぷらんです。

キッチンは対面式でダイニングとリビングのことを見渡すことができます。

洋室も南に面してるので子供部屋は明るく開放的健康的なプランになります。

日光を浴びることでセロトニンなども分泌も促進されて
精神的に安定した状態で使える間取りになると言えます。

書斎のあるローコスト住宅の間取りのメリットとは

今回紹介していくのは31坪の4LDK 書斎のある間取りの紹介です。

間取りの方は31坪とコンパクトな間取りになっています。
総二階でローコスト住宅にできる間取りになります。

1階の方にはリビングダイニングキッチンと水回り玄関ホールがあり
2階の方には寝室8畳と洋室5畳が2室があります。

玄関ホールは南玄関になっています。
南道路の想定で南に玄関があると言った感じです。

LDK は18畳でキッチンは対面式で
階段はリビング階段で2階に上がるようになっています。

対面キッチンの脇には学習コーナーがあります。

作り付けのカウンターになっていて供の成長に合わせて
お絵描きとか宿題をするスペースなどに使ったり
パソコンオフィスになったりとか
色々使い勝手が変動していきます。

洗面室と脱衣室は分かれています。
バスルームを家族の誰かが使っている時でも
洗面台を他の人が使うことができます。

またトイレの近くに洗面台があるので、洗面台を使いやすく
トイレから出た後にすぐ使えるメリットがあります。

脱衣室の方にはリネン庫と引き出し収納を置くスペースがあって、
収納スペースにゆとりがあります

2階の方に登っていくと寝室8畳に3畳のウォークインクローゼット、
子供部屋の想定の洋室は5畳に各部屋にクローゼット収納があります。

そして独立した書斎があることで良い効果があります。

効果としては働いている家の主人が家に仕事持ち帰って
書斎の方で仕事をすることができます。

仕事として使わない場合でも趣味の部屋として使うことができます。

趣味の部屋として使った時は
気分をリフレッシュして次の日に備えることができるので、
どちらの場合も次の日の仕事に良い影響がある
というふうに考えていいと思います。

収入に直結していくのでこれから景気の変動があった時に、
余裕を持って備えて収入アップしていくとか
精神衛生上の自分をコントロールする部屋になります。

学習コーナーも同様に子供が使用しない場合でも、
奥さんが自分で家事コーナーとして使うなど、
今後の自分たちの家計を支える装置になっていく思います。

間取り方は長方形のシンプルな2階建てで
総二階になってるのでコストも比較的高くならないような間取りです。

屋根形状もシンプルで災害に強く
雨漏りのリスクも少ないようになります。




最近の投稿

プロフィール

一級建築士、注文住宅、分譲住宅など住宅の設計を多数手がける。リアルな現場の現状を取り入れて住宅設計に生かす。現在要望の多い間取り図を紹介中。

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村