34坪4LDKローコスト住宅の間取り

ローコスト住宅を建てる場合で土地を購入する場合、
同じエリアで土地を探して比較検討した場合に、
南道路の土地が高価な場合ああります。

北道路のほうが安価であった場合
北道路での間取りの検討も必要になってきます。

北道路のデメリットは南を家でふさがれるということです。
逆にいないがある家にならないので
プライバシーが確保されるというメリットもあります。

また、北道路のほうが外観は美しくなる場合もあります。
バルコニーテラスのある南の外観はありきたりになりがちですから、
北玄関んの外観デザインのほうが個性的なのです。

参考の間取りでは玄関に土間収納を作るなど
収納量を確保して、使い勝手の良い間取りです。

キッチンの近くに洗面脱衣室とお風呂があることで
家事動線計画に配慮してコンパクトにまとめられています。

バルコニーテラスも広く物干しに便利な間取りです。

和室はリビングに解放できるようになっており
よりリビングを広く使うことができます。






カテゴリー: ローコスト住宅 間取り,ローコスト住宅 間取り図,間取り 4LDK | Tags: , ,




最近の投稿

プロフィール

一級建築士、注文住宅、分譲住宅など住宅の設計を多数手がける。リアルな現場の現状を取り入れて住宅設計に生かす。現在要望の多い間取り図を紹介中。

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村