納戸の多いローコスト住宅の間取り図

季節の変わり目になると、衣替えをします。

衣替えをするときに思うこと。

なんて着れない服が多いこと。

それは体がサイズアップしたからではなく、
もう着たい服ではなくなったということ。

サイズ的に無理ならもう捨てていると言うものです。

収納にしまってあるものというものは
もしかしたら、又着るかもしれないとか
いつかまた、使うかもしれないと言うものです。

着物なんかは購入して20年とか着なかったりします。

衣類だけでなく、持ち物にはいつか使うかもといった
捨てられないものが増えていきます。

そのような場合各部屋のクロゼットでは入りきらない。
そのような場合には納戸のスペースが有効になります。

参考の間取り図では34坪4LDKのローコスト住宅ながら
1階に2畳の納戸と3畳の納戸を確保しています。

各部屋にもウォークインクロゼットなど
収納量も豊富にあります。

これでも足りなければ、ロフト収納といたところです。



カテゴリー: ローコスト住宅 間取り図,ローコスト住宅 間取り,間取り図 | Tags: , ,




最近の投稿

プロフィール

一級建築士、注文住宅、分譲住宅など住宅の設計を多数手がける。リアルな現場の現状を取り入れて住宅設計に生かす。現在要望の多い間取り図を紹介中。

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村