リビング階段の間取りで生まれる家族の絆

今回紹介していくのは32坪3LDK のリビング階段の間取りです。

比較的32坪と小さい延べ床の面積の間取りということと
部屋数も3部屋で少なく総2階であると言ったことで
ローコスト住宅にすることが可能です。

玄関ホールは3畳で1.5畳のシューズクロークがあります。

シューズクロークは玄関土間とホールの方から2箇所から出入りができて
中で靴を脱ぐということも可能になります。

リビングダイニングキッチンは20帖と広く
リビングもゆったりと使うことができます。

キッチンは対面式で南のダイニング越しに庭を見ることができます。

キッチンの背面の方に洗面脱衣室と浴室があります。

リビング階段から2階へ上がっていって上に3部屋のベットルームがあります。

移動してきた時にキッチンの横を通って浴室を使うという狙いになってます。

本来の廊下とか独立階段にした場合
家族と顔合わせずに洗面とか浴室に行くというプランがあります。

今回の間取り図はリビングとキッチン辺を必ず通るということで
家族とのコミュニケーションが発生するというところが狙いになってます。

必ずリピングダイニングキッチンを通るということが狙いですね。

引きこもり対策とかいうこと言いますが
効果が出なくても家族とのコミュニケーションが増えるということは間違いないことです。

家族との絆とか会う回数ですね。

より親密になるということになるんではないかと思います。

2階の方ですが寝室7畳にウォークインクローゼットは2畳
他の子の部屋の想定の6畳の部屋を通らずに寝室からバルコニーに出れるので
物干しの時はストレスが軽減されます。

納戸は4.5畳あってたくさんですね物が収納できるようになります。

こちらの部屋にしていくこともできます。

窓をつけて部屋にするプランもありですが
そうすると収納が少なくなってしまうので
今回は二人の子供のいる夫婦を想定して3 LDK の間取りにしてます。

洗面室は1階と2階に2箇所あってトイレから出てすぐつかうこともできます。

1階の洗面台バスルームが使用されている時でもこちらは洗面台を使うことができるので
家族のストレスが軽減されます。

今回はリビング階段の間取り例の紹介でした。

階段の付け方ひとつだけでも家族の未来と言うんですかね
生活をイメージしていくということができるんではないかと思います。

間取りっていうのは部屋のインテリアの形だけでなく
将来の家族のあり方とか時間的なものですね。

どうやって家族が成長していくのかとか
そういったものを間取り図に示していくことになります。

今回の場合は階段一つだけでどういう風に階段を降りて
子供がどういう風にリビングで家族とか合わせて
キッチンのお母さんと顔を合わせて、
お風呂の方を使うのかというのを想像しながら
間取りを見ていくと言うのが大事になってきます。

将来、どのように時間を過ごしているのかも想像して
間取りの配置がどういった意味があるのか考えながら家づくりと向かい合いましょう。



ローコスト住宅のブログが大集合する村

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

 


ローコスト住宅ランキング

 

訪問ありがとうございました。




カテゴリー: ローコスト住宅 間取り,間取り シュミレーション,間取り 北玄関 | Tags: , ,




最近の投稿

プロフィール

一級建築士、注文住宅、分譲住宅など住宅の設計を多数手がける。リアルな現場の現状を取り入れて住宅設計に生かす。現在要望の多い間取り図を紹介中。

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村