30坪3LDK二階リビングのローコスト住宅の間取り図

今回紹介するのは30坪3 LDK の二階リビングのローコスト住宅の間取りです。

30坪というコンパクトな広さの間取りで2階2 LDK があります。

2階にLDK のある間取りはその上の階に部屋がないので
LDK の天井を高くすることができます。

そのことによって LDK のインテリアはモダンで開放的で
天井が高くインテリアも見栄えの良いものになってきます。

そしてバルコニーの方に窓がたくさん付いていますが
こちらの方も景色が良い場合に遠くまで見える
眺めの良いスペースにすることができます。

リビングのソファにはリビング収納もあって片付けられるようになっているので
よりシンプルで整頓できるようなになってきます。

対面式キッチンのキッチンからは遠くを眺めながら
作業することができるような配置になります。

そしてキッチンの横に一直線上にダイニングテーブルがあって
キッチンと一体化したようなインテリアを作ることができます。

そして LDK の横には洗面脱衣室とトイレ、浴室があります。

1階の方にはベッドルームが3部屋あります。

西道路の想定で玄関ホールの方は西側についていて西玄関になります。

玄関には土間収納がついていてカウンターの下足箱があります。

南の方に洋室7畳と5畳用があって東に窓のついている5畳の部屋があります。

子供部屋の想定の部屋は5畳二部屋で各部屋にはクローゼットが付いています。

一部屋の方にはウォークインクローゼット1.5畳になっています。

7畳の部屋の方には2畳のウォークインクローゼットと
小さめのクローゼット収納が付いています。

各部屋は窓が2箇所ずつあってそして対角線上に風が通り抜ける
風通しの良い配置になっています。

階段は折り返し階段なっていて踊り場があるので
より登りやすく安全な形状になっています。

階段下はもの入れになっています。

階段を登っていくと二階リビングに出るといった形になります。

2階リビングは1階のリビングよりも日当たりも良くなってくるので
周りの家に囲まれて日当たりが望めないような場合
リビングを明るくしたい場合には
2階リビングの方が快適に明るくすることができるという考え方もできます。

寝室の方は寝るためのベッドルームだということで割り切って
陽当たりはあまり望まないということであれば
二階リビングにしてリビングを優先して
明るく快適に作っていくという感が相方もできます。

今回の間取りは30坪とそんなに大規模ではない間取りですが
寝室が夫婦の寝室で子供部屋が2室でで四人家族ぐらいの想定の間取りになっています。

間取りもそんなに複雑でないことから
比較的ローコストで建築が可能な間取りになっています。



ローコスト住宅のブログが大集合する村

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

 


ローコスト住宅ランキング

 

訪問ありがとうございました。




カテゴリー: ローコスト住宅 間取り,間取り 30坪,間取り 西玄関 | Tags: , ,




最近の投稿

プロフィール

一級建築士、注文住宅、分譲住宅など住宅の設計を多数手がける。リアルな現場の現状を取り入れて住宅設計に生かす。現在要望の多い間取り図を紹介中。

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村