32坪狭小間口の細長い敷地に建つ間取り図。細長い住宅プラン。

今回のプランは32坪3LDKの細長い敷地に建つ狭小間口に建つ間取りです。
敷地の方は北道路になっていて北から玄関へ入ってきます。

間口は2間間口3.64 M のプランになります。
ですのでかなり細長い敷地に建てることができる二階建ての住宅になります。

玄関ホールに入っていくとシューズボックスがあって奥の方に物入れがあります。
リビングダイニングキッチンは南の方に取られていて
18畳ほどの広さでリビング階段で2階上がるようになっています。

キッチンの背面の方に洗面室そして脱衣室、浴室の方があります。
またトイレの方は洗面台に近い状態になっているので
トイレを使ってすぐ洗面の方で手を洗うということができます。

玄関ホールに入っていくとすぐ手を洗っていくことができるので
家に帰ってきてすぐと出発前に身支度ができるといった状態になります。

玄関ホール付近には収納もあって物入れが取られているので
カバンやちょっとしたものをしまっておくのにも便利な間取りになってきます。

キッチンは対面式になっていてダイニングとリビングを見渡せるようになっています。
そしてダイニングとリビングの間のところから階段を上って2階に上がってきます。

2階に上がっていくと南の方に寝室8畳があってウォークインクローゼットが3畳あります。
間取り中央に6畳と北側に和室6畳があり、3部屋ベッドルームがあります。

収納の方は各部屋にクローゼットがとれているという状態です。
二階の方にもトイレがあり、1階と2階に2箇所トイレが配置されています。

人数は四人家族の想定になっています。
細長い敷地ですので北の方に部屋には道路側に窓が取られていて
もう一部屋の方は西側の方に窓が取られています。

周りの状況に合わせて窓をつけていくといった感じの方がいいと思います。
廊下の窓の方も隣の敷地の状態に合わせて大きくするか小さくするか
決めて行った方がいいかなという所になります。

こちらの間取りのメリットっていうは細長い敷地に建てられるということになります。
ですのでリビングダイニングの方に南から光を入れて
北玄関から入っていくというところなので
自ずと部屋の配置が決まってきてしまっているという形はあります。

2階に3部屋ですけれども弱点としてはそんなに収納量が物入れがないことです。
かウォークインクローゼットはあるけれども
もうちょっと収納が欲しいけどもしょうがないという状態でしょうか。

廊下が長すぎることもあるのですけれども
間取り上致し方がないというところはあります。



カテゴリー: ローコスト住宅 間取り図,間取り シミュレーション,間取り 北玄関,間取り 狭小間口 | Tags: , ,




最近の投稿

プロフィール

一級建築士、注文住宅、分譲住宅など住宅の設計を多数手がける。リアルな現場の現状を取り入れて住宅設計に生かす。現在要望の多い間取り図を紹介中。

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村