将来子供部屋を仕切るタイプの家の間取り図

今回のプランは33坪4LDKの南玄関のローコスト住宅の間取りです。

南道路の想定で南の方から入っていく玄関になります。
玄関土間が広く奥の方に土間収納1.5畳があります。

リビングダイニングキッチンは18畳になります。
対面式キッチンからダイニングとリビングが眺められ南の方に窓があります。

キッチンの横にはパントリー収納が1畳あり収納量も多く確保されています。

キッチンに近い位置に洗面室脱衣室があり、
浴室の方は一坪タイプ2畳になっています。
トイレも水回りの近くにまとめられてあります。

階段はリビング階段で2階へ上がっていきま。

南の方には将来仕切るタイプの子供部屋が6畳と5畳に分けられるようになっていま。

新築当初は11畳のスペースになります。
北側の方には寝室6畳ウォークインクローゼット2.5畳があります。

また5畳の洋室もあるので将来的には3人の子供が
それぞれの個室を持つということが可能になる間取りになります。

廊下には共用の物入れもあります。
トイレは1階と2階に2箇所あるので人数が多い家族でも
使いたい時間にバッティングせずにストレスのない状態を作ることができます。

間取りは長方形でシンプルなので屋根形状もシンプルになります。
シンプルな間取りは台風や地震などの災害に強い
バランスの良い建物になりますので長期的に建物維持するのにも役に立ちます。

特に屋根形状がシンプルになった場合、
ゲリラ豪雨や台風などの集中豪雨に耐えられる間取り図になるので
近年では屋根形状親父にするというのも
住宅を作る上では重要なことになってきています。



カテゴリー: 間取り 33坪,間取り 4LDK,間取り 南玄関,間取り図 | Tags: , ,




最近の投稿

プロフィール

一級建築士、注文住宅、分譲住宅など住宅の設計を多数手がける。リアルな現場の現状を取り入れて住宅設計に生かす。現在要望の多い間取り図を紹介中。

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村