25坪3LDK総二階のローコスト住宅の間取り

参考の間取りは25坪の二階建てのローコスト住宅プランです

建築コストを抑えるために総二階の間取りになっています

間取りは長方形で東道路に面して東に玄関があります

玄関にはシューズボックスと奥に独立階段があり
階段の下を利用してトイレがあります

リビングダイニングキッチンは17畳で
キッチンはペニンシュラの対面式キッチンになります。

洗面脱衣室は2畳で浴室は2畳一坪タイプ
キッチンから洗濯機へ行きやすい間取りになります

二階の寝室は7畳でウォークインクロゼットが2.5畳と物入れが

0.5畳

子供部屋の想定の洋室が5畳で2室あり
各部屋にクロゼットがあります。

2階と1階の各階にトイレがあり
2階のホールも極力少なくして
廊下のない間取りになっています。

35坪5LDKのローコスト住宅の間取り図

今回紹介するのは33坪5LDKと35坪5 LDKのローコスト住宅の間取りを紹介していきます。

35坪5 LDK のプランから説明していきます。

敷地が北道路になっていまして8mの間口で
奥行が18 M の土地になっています。

庭が取れて駐車場が3台停められるスペースになります。

玄関ホール入っていくと土間収納があってトイレがあります。
そして独立階段があって、洗面脱衣室が3畳、浴室が一坪タイプ2畳です。

そしてオールマイティに使える洋室4.5畳があります。
こちらはドアを玄関側につけても結構ですし
今回はリビング側から入れるようにしています。

本来は和室か畳コーナーがくるべきところでしたけども
現在は多目的に使いたいという人が結構多いので
いろんな部屋に、子供部屋に使ったり学習スペースに使ったり
トレーニングルームに使ったりテレワークに使ったりできます。

多目的室は18畳のリビングに面しています。

キッチンの方は対面式キッチンで洗面室のすぐそばにあって、
家事動線もコンパクトになっています。

そして2階の方ですけれども南側に寝室8畳、洋室6畳があります。
寝室を通過してバルコニーに出ることができます。

間取りの方は長方形でシンプルで総二階の間取りになっています。

ローコスト住宅にする意図もあったので予算かけずに
部屋数を増やそうというところで長方形の敷地敷地に対して
長方形の間取りになっています。

6畳の洋室にはクローゼット1畳、北側の部屋もクロゼットが一畳で
廊下の所に共用の物入れが1畳分あります。

そして2階にもトイレがあって書斎が3畳あり
テレワークに使えそうな部屋があります。

多目的室はゲストルームに使ったりとかテレワーク室とか
色々と用途を変えられますがこちらは完全な書斎にしてますま。

1階は主婦の書斎にして、こちらは旦那さんの書斎にする
という考え方をすることもできます。

こちらが2坪ほど縮小して33坪5LDK に直したプランになります。

パントリー収納のある30坪の住宅の間取り


今回のローコスト住宅の間取りは30坪3LDKの2階建ての間取りです。

南道路の想定になっていて、南玄関になっています。
玄関ホールには1.5畳のシューズクロークがあって、
玄関土間と玄関ホールから出入りができます。

玄関ホールと階段室とが一体化して玄関ホールが広く見えるような工夫がされています。

トイレは家に帰ってきてすぐ利用することができる位置にあり、
洗面台は広く家に帰ってきてすぐ使えるような位置にあります。

リビングダイニングキッチンは南の窓も広く、
学習コーナーカウンターも付いています。

キッチンは対面式キッチンで背面の収納も広くて、
横にパントリー収納があります。

独立階段で2階へ上がっていくと南の方に面して寝室8畳と洋室6帖がついています。
寝室8畳にウォークインクローゼットが3畳、
東側の方に子供部屋の想定の洋室6畳が二部屋あります。

それぞれの部屋には1畳のクローゼットがついています。
均等に配置されているので喧嘩もなく使えるスペースになります。

2階にもトイレがあって一階と二階それぞれ別々に使うことができます。
ですから家族がドレスなく暮らすことができます。

バルコニーテラスが広く、寝室から出入りすることができます。

キッチンからは勝手口で外へゴミを出すことができる便利な間取りになっています。

30坪とコンパクトな間取りですがシューズクロークやパントリー収納などの
収納類も充実しており洗面脱衣室にも収納があります。

又、キッチンの背面の収納も広いので家族で四人で暮らすのに
十分な機能を備えているような間取りになっています。

広い納戸のあるローコスト住宅の間取り図

今回のローコスト住宅の間取りは36坪3LDKの間取りです。

リビングの横に畳コーナーがあるので
それを加えると4 LDK のプランになってきます。

玄関ホールの方にはシューズボックスと1畳の土間収納がついています。
玄関付近にトイレがあるので帰ってきてすぐ使うことができます。

リビングダイニングキッチンは20帖と広くゆったりとしています。

キッチンは対面式キッチンで洗面脱衣室と浴室はキッチン付近にあり
家事動線もコンパクトになっています。

またリビング階段で2階上がるようになっており
階段付近に洗面脱衣室と浴室があることから
移動距離も短く使いやすくなっています。

畳コーナーには押入れもあるので布団などを収納することができます。

寝室は8畳でウォークインクロゼットが4畳ついています。

南側に子供部屋の想定の洋室が6帖で二部屋あって
各部屋にクローゼットがついています。

2階にもトイレがあり2箇所のトイレになります。

2階に広い4.5畳の納戸がついています。
そのことで収納量も豊富になっているので使いやすい間取りになっています。

総二階の間取りでコンパクトなことから
ローコスト住宅化が図れる住宅の間取りプランになっています。

屋根の形状もシンプルになるので集中豪雨や
台風の雨風にも強い形状にすることができます。

ファミリークロゼットのある家の間取り図

敷地の大きさ:: 北道路 10M×18M 
建物の規模: 36坪 4LDK 

2階建て

必要な部屋:

1階

リビングダイニングキッチン 19畳
和室4.5畳 物入れ
玄関ホール 3畳
土間収納 3畳
トイレ 1畳
階段下収納

2階

寝室 8畳 クロゼット 1.5畳
洋室 6畳 クロゼット ×2室
ファミリークロゼット 3畳
洗面室 1.5畳
脱衣室 2畳
浴室 2畳

間取りの要望:

玄関土間は広くなっている。
玄関付近に土間収納を設ける。
土間収納は広く作りたい。

和室はリビングダイニングに接して引き戸で開放できるようにしたい。
リビングダイニングキッチンは広くする。

キッチンを対面式キッチンする。
キッチン横にパントリー収納が欲しい。

上の階と下の階にトイレが欲しい。
個室は洋室6畳2室と寝室8畳

寝室からバルコニーテラスへ出られるようにしたい。
共用の物入れファミリークローゼットを二階につくる。

ファミリークローゼットの付近に洗面室と浴室を設ける
2階のバルコニーを広く作る

一階リビングの南にウッドデッキのテラスをつける

総二階の間取りにしたい

家族構成:夫婦 2人 子供2人

将来子供部屋を仕切るタイプの家の間取り図

今回のプランは33坪4LDKの南玄関のローコスト住宅の間取りです。

南道路の想定で南の方から入っていく玄関になります。
玄関土間が広く奥の方に土間収納1.5畳があります。

リビングダイニングキッチンは18畳になります。
対面式キッチンからダイニングとリビングが眺められ南の方に窓があります。

キッチンの横にはパントリー収納が1畳あり収納量も多く確保されています。

キッチンに近い位置に洗面室脱衣室があり、
浴室の方は一坪タイプ2畳になっています。
トイレも水回りの近くにまとめられてあります。

階段はリビング階段で2階へ上がっていきま。

南の方には将来仕切るタイプの子供部屋が6畳と5畳に分けられるようになっていま。

新築当初は11畳のスペースになります。
北側の方には寝室6畳ウォークインクローゼット2.5畳があります。

また5畳の洋室もあるので将来的には3人の子供が
それぞれの個室を持つということが可能になる間取りになります。

廊下には共用の物入れもあります。
トイレは1階と2階に2箇所あるので人数が多い家族でも
使いたい時間にバッティングせずにストレスのない状態を作ることができます。

間取りは長方形でシンプルなので屋根形状もシンプルになります。
シンプルな間取りは台風や地震などの災害に強い
バランスの良い建物になりますので長期的に建物維持するのにも役に立ちます。

特に屋根形状がシンプルになった場合、
ゲリラ豪雨や台風などの集中豪雨に耐えられる間取り図になるので
近年では屋根形状親父にするというのも
住宅を作る上では重要なことになってきています。




最近の投稿

プロフィール

一級建築士、注文住宅、分譲住宅など住宅の設計を多数手がける。リアルな現場の現状を取り入れて住宅設計に生かす。現在要望の多い間取り図を紹介中。

アーカイブ