将来子供部屋を仕切るタイプの家の間取り図

今回のプランは33坪4LDKの南玄関のローコスト住宅の間取りです。

南道路の想定で南の方から入っていく玄関になります。
玄関土間が広く奥の方に土間収納1.5畳があります。

リビングダイニングキッチンは18畳になります。
対面式キッチンからダイニングとリビングが眺められ南の方に窓があります。

キッチンの横にはパントリー収納が1畳あり収納量も多く確保されています。

キッチンに近い位置に洗面室脱衣室があり、
浴室の方は一坪タイプ2畳になっています。
トイレも水回りの近くにまとめられてあります。

階段はリビング階段で2階へ上がっていきま。

南の方には将来仕切るタイプの子供部屋が6畳と5畳に分けられるようになっていま。

新築当初は11畳のスペースになります。
北側の方には寝室6畳ウォークインクローゼット2.5畳があります。

また5畳の洋室もあるので将来的には3人の子供が
それぞれの個室を持つということが可能になる間取りになります。

廊下には共用の物入れもあります。
トイレは1階と2階に2箇所あるので人数が多い家族でも
使いたい時間にバッティングせずにストレスのない状態を作ることができます。

間取りは長方形でシンプルなので屋根形状もシンプルになります。
シンプルな間取りは台風や地震などの災害に強い
バランスの良い建物になりますので長期的に建物維持するのにも役に立ちます。

特に屋根形状がシンプルになった場合、
ゲリラ豪雨や台風などの集中豪雨に耐えられる間取り図になるので
近年では屋根形状親父にするというのも
住宅を作る上では重要なことになってきています。

一人暮らしで住む小さな平屋のローコスト住宅

今回のプランは21坪2LDKの平屋の間取りになります。

21坪と小さいの延べ床面積ですので
2階建ての一階部分ぐらいの広さになります。
部屋数も少ないので一人暮らしを想定したローコスト住宅になっています。

敷地は南道路になっており、玄関は引き戸で入っていきます。

3畳の広さになっていて東の方にベッドルーム
西の方にリビングダイニングキッチンがあります。。

リビングダイニングキッチンは14畳の広さで
キッチンは対面式キッチンになっています。

ダイニングとリビングは同じスペースになっていて
平屋の住宅ですので天井高くすることができて
14畳とコンパクトの広さですが広がりを感じることができます。

キッチンの方には一人暮らしですが
四人テーブルが置ける広さがあります。

リビングの方もソファーを置ける広さがあります。

寝室の方は8畳で2畳のウォークインクローゼットが付いています。

寝室に接して和室4.5畳、小上がりのスペースになります。
和室には押入れと床の間があります。

和室の方を布団を敷くスペースにしてもいいし
寝室の8畳にベッドを置いても良いと思います。

また寝室は8畳あるので一人暮らしではなく
二人で住むということも可能になってきます。

洗面と脱衣室は分かれており、洗面室の横にクローゼットのスペースもあります。

引き戸を開けて入っていくトイレなので
トイレに出入りしやすいプランになっています。

脱衣室にも収納があって浴室も2畳と広いスペースになっています。

長方形のプランなので屋根形状もシンプルになっています。
見た目が良くなると共に雨漏りのリスクの少ない
シンプルな屋根形状を作ることができます。

また耐震的にも歪んだ力が入りにくくなるため
長方形の間取りでシンプルで強い建物になります。

2階建てに比べて風圧を受けにくいので
台風などにも強い住宅になるといえます。

今回はシンプルで小さい一人暮らし用の平屋の間取りの紹介でした。

32坪狭小間口の細長い敷地に建つ間取り図。細長い住宅プラン。

今回のプランは32坪3LDKの細長い敷地に建つ狭小間口に建つ間取りです。
敷地の方は北道路になっていて北から玄関へ入ってきます。

間口は2間間口3.64 M のプランになります。
ですのでかなり細長い敷地に建てることができる二階建ての住宅になります。

玄関ホールに入っていくとシューズボックスがあって奥の方に物入れがあります。
リビングダイニングキッチンは南の方に取られていて
18畳ほどの広さでリビング階段で2階上がるようになっています。

キッチンの背面の方に洗面室そして脱衣室、浴室の方があります。
またトイレの方は洗面台に近い状態になっているので
トイレを使ってすぐ洗面の方で手を洗うということができます。

玄関ホールに入っていくとすぐ手を洗っていくことができるので
家に帰ってきてすぐと出発前に身支度ができるといった状態になります。

玄関ホール付近には収納もあって物入れが取られているので
カバンやちょっとしたものをしまっておくのにも便利な間取りになってきます。

キッチンは対面式になっていてダイニングとリビングを見渡せるようになっています。
そしてダイニングとリビングの間のところから階段を上って2階に上がってきます。

2階に上がっていくと南の方に寝室8畳があってウォークインクローゼットが3畳あります。
間取り中央に6畳と北側に和室6畳があり、3部屋ベッドルームがあります。

収納の方は各部屋にクローゼットがとれているという状態です。
二階の方にもトイレがあり、1階と2階に2箇所トイレが配置されています。

人数は四人家族の想定になっています。
細長い敷地ですので北の方に部屋には道路側に窓が取られていて
もう一部屋の方は西側の方に窓が取られています。

周りの状況に合わせて窓をつけていくといった感じの方がいいと思います。
廊下の窓の方も隣の敷地の状態に合わせて大きくするか小さくするか
決めて行った方がいいかなという所になります。

こちらの間取りのメリットっていうは細長い敷地に建てられるということになります。
ですのでリビングダイニングの方に南から光を入れて
北玄関から入っていくというところなので
自ずと部屋の配置が決まってきてしまっているという形はあります。

2階に3部屋ですけれども弱点としてはそんなに収納量が物入れがないことです。
かウォークインクローゼットはあるけれども
もうちょっと収納が欲しいけどもしょうがないという状態でしょうか。

廊下が長すぎることもあるのですけれども
間取り上致し方がないというところはあります。

32坪3LDK回遊性のあるローコスト住宅の間取り図


今回の間取りは32坪3LDK のローコスト住宅の間取りになります。

玄関ホールは北側に配置されていて道路は北側の想定になっています。
道路に面して2台の並列駐車スペースの予定になっています。

リビングダイニングキッチンは南側に配置されていて
20畳のスペースになります。

キッチンは対面式、キッチンでリビングとダイニングを見渡すようになっています。
階段は独立階段で2階に上がるようになっています。

階段を中心に回遊性のある間取りになっていて
キッチンからも洗面脱衣室にはお風呂などの水回りに行きやすくなっています。

そのことで家事動線がコンパクトになり、
家事のしやすい間取り計画になっています。

洗面脱衣室の方は三畳と広く収納スペースがあるので
タオルや下着なども収納していくことができます。

1階のトイレの方が1畳になってます。

階段を上っていくと2階の方にベッドルームが3部屋あります。

主寝室は8畳でウォークインクローゼットが3畳ついています。
子供部屋の想定の洋室は5.5畳と66のスペースで各部屋にクローゼットが付いています。

共用の納戸が3畳と広く廊下も少ないのでロスの少ない合理的な間取りになります。

2階にもトイレが一箇所あるのでトイレが混雑して使えないことがなく
家族のストレスを軽減することができます。

間取りプランはほぼ正方形に近い形になっており
屋根形状もシンプルに作れることから雨漏りのリスクのない住宅になっています。

また凸凹のない外壁の形状ですので
構造計算もしっかりバランスよくできて
耐震的にも強い形状の間取りになっています。

総二階の間取りですので無駄がなく材料のロスなどもありませんから
コンパクトでコストパフォーマンスの良いローコスト住宅として
建築可能な間取り図になっています。

絵ひゃ数も3 LDK で家族四人ぐらいで暮らすことのできる間取りですので
小さめながら家族で住めるそしてリビングの広い
快適なモダンリビングの間取りになっています。

32坪4LDK総二階のローコスト住宅の間取り図


今回のプランは32坪4LDK のローコスト住宅のプランになります。

総二階の間取りになっていて広さもコンパクトにまとまっており、
部屋数は4 LDK で家族で住めるような間取りになっています。

東道路の想定で東玄関になっています3間間口の間取りで
細長い敷地に建つことも可能になってきます。

階段は独立階段で2階に上がっていきます。

リビングダイニングキッチンは16畳の広さでキッチンを対面式になっています。

対面式のキッチンからダイニングとリビングを見渡せるようになっており、
リビングの奥に和室が配置されています。

リビングに接するように配置された4.5畳の和室には
押入れと床の間があります。

和室は引き戸でリビングに開放できるようになっているので
リビングダイニングキッチンと一体化することができます。

キッチンは背面の収納も広く洗面脱衣室にも近くなっています。
水回りに近いため家事動線がコンパクトになり
作業しやすい間取りになっています。

1階のトイレは一部階段下を利用しています。

2階のベッドルームは3部屋あり全てが南側に面しています。

一階の和室も南側に配置されているので
全ての部屋が南向き日当りの良い間取りになります。

寝室は8畳のスペースでウォークインクロゼットが3畳と広く
収納量もゆったりと豊富になっています。

洋室6畳は二部屋で東の方向は奥にクローゼットが1.5畳あります。

廊下にも共用の物入れがあるので収納量を確保することができています。

トイレは2階にも1畳のスペースがあります。

1階と2階で2箇所あることによって
朝の身支度の混雑する時にストレスを感じないようになります。

バルコニーテラスは2階の個室の南についており
布団干しや洗濯物を干しに利用することができます。

長方形の間取りになって屋根形状もシンプルになっているので
雨風など台風など雨漏りのリスクも軽減されていきます。

28坪3LDK、1000万台で建てる総二階のローコスト住宅の間取り図

今回のプランは28坪3LDK のローコスト住宅の間取りになります。

リビングダイニングキッチンは15畳で2畳のフリースペースが西側についています。

フリースペースは特に使い方は決まっていませんが
ゲームなどのプレイスペースや学習コーナー
もしくはベッドルームなどを様々なスペースに利用できます。

家族の年齢に合わせ、もしくは趣味に合わせて変更することのできるスペースになっています。

リビングダイニングキッチンと合わせると17畳のスペースになるので、
空間に広がりも出るようになります。

玄関は3畳で西側玄関になっています。
西道路のほかに北道路や南道路での使用が可能な間取りになります。

28坪の小さな住宅であることと、総二階のシンプルなプランになるので
ローコスト住宅で建築することが可能になってきます。

玄関付近にはトイレがあり、帰宅後すぐ使うことが可能になります。

階段は独立階段で2階に上がってきます。

キッチンは対面式キッチンになっており
リビングとダイニングのスペースを見渡すことができます。

またリビングごしにフリースペースを眺めることができるので
さらに奥行きを感じるスペースになります。

ダイニングとリビングの前には掃き出し窓があり庭に出ることができます。
また大きな窓なので光も十分に入れることができます。

2階には寝室7.5帖とウォークインクローゼット3.5畳があります。

東の窓から光を入れるようになっています。
子供部屋の想定の洋室5帖は2室あり、南側に配置されています。

バルコニーに面して大きな窓が取られており明るい部屋になっています。

子供部屋を明るい部屋にするということは
心の面での健康を維持する上で大事なことになってきます。

健康状態を健やかに保つという事を考えると
南側の方が良いという考え方もあります。

各部屋にはクローゼットがあります。

トイレは1階と2階の2箇所に配置されています。
真四角に近いプランですので合理的に建築が可能で
ローコスト住宅になる間取りと言えます。

28坪3LDKリビング脇にフリースペースのある間取りシュミレーション




最近の投稿

プロフィール

一級建築士、注文住宅、分譲住宅など住宅の設計を多数手がける。リアルな現場の現状を取り入れて住宅設計に生かす。現在要望の多い間取り図を紹介中。

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村