32坪3LDK回遊性のあるローコスト住宅の間取り図


今回の間取りは32坪3LDK のローコスト住宅の間取りになります。

玄関ホールは北側に配置されていて道路は北側の想定になっています。
道路に面して2台の並列駐車スペースの予定になっています。

リビングダイニングキッチンは南側に配置されていて
20畳のスペースになります。

キッチンは対面式、キッチンでリビングとダイニングを見渡すようになっています。
階段は独立階段で2階に上がるようになっています。

階段を中心に回遊性のある間取りになっていて
キッチンからも洗面脱衣室にはお風呂などの水回りに行きやすくなっています。

そのことで家事動線がコンパクトになり、
家事のしやすい間取り計画になっています。

洗面脱衣室の方は三畳と広く収納スペースがあるので
タオルや下着なども収納していくことができます。

1階のトイレの方が1畳になってます。

階段を上っていくと2階の方にベッドルームが3部屋あります。

主寝室は8畳でウォークインクローゼットが3畳ついています。
子供部屋の想定の洋室は5.5畳と66のスペースで各部屋にクローゼットが付いています。

共用の納戸が3畳と広く廊下も少ないのでロスの少ない合理的な間取りになります。

2階にもトイレが一箇所あるのでトイレが混雑して使えないことがなく
家族のストレスを軽減することができます。

間取りプランはほぼ正方形に近い形になっており
屋根形状もシンプルに作れることから雨漏りのリスクのない住宅になっています。

また凸凹のない外壁の形状ですので
構造計算もしっかりバランスよくできて
耐震的にも強い形状の間取りになっています。

総二階の間取りですので無駄がなく材料のロスなどもありませんから
コンパクトでコストパフォーマンスの良いローコスト住宅として
建築可能な間取り図になっています。

絵ひゃ数も3 LDK で家族四人ぐらいで暮らすことのできる間取りですので
小さめながら家族で住めるそしてリビングの広い
快適なモダンリビングの間取りになっています。

32坪4LDK総二階のローコスト住宅の間取り図


今回のプランは32坪4LDK のローコスト住宅のプランになります。

総二階の間取りになっていて広さもコンパクトにまとまっており、
部屋数は4 LDK で家族で住めるような間取りになっています。

東道路の想定で東玄関になっています3間間口の間取りで
細長い敷地に建つことも可能になってきます。

階段は独立階段で2階に上がっていきます。

リビングダイニングキッチンは16畳の広さでキッチンを対面式になっています。

対面式のキッチンからダイニングとリビングを見渡せるようになっており、
リビングの奥に和室が配置されています。

リビングに接するように配置された4.5畳の和室には
押入れと床の間があります。

和室は引き戸でリビングに開放できるようになっているので
リビングダイニングキッチンと一体化することができます。

キッチンは背面の収納も広く洗面脱衣室にも近くなっています。
水回りに近いため家事動線がコンパクトになり
作業しやすい間取りになっています。

1階のトイレは一部階段下を利用しています。

2階のベッドルームは3部屋あり全てが南側に面しています。

一階の和室も南側に配置されているので
全ての部屋が南向き日当りの良い間取りになります。

寝室は8畳のスペースでウォークインクロゼットが3畳と広く
収納量もゆったりと豊富になっています。

洋室6畳は二部屋で東の方向は奥にクローゼットが1.5畳あります。

廊下にも共用の物入れがあるので収納量を確保することができています。

トイレは2階にも1畳のスペースがあります。

1階と2階で2箇所あることによって
朝の身支度の混雑する時にストレスを感じないようになります。

バルコニーテラスは2階の個室の南についており
布団干しや洗濯物を干しに利用することができます。

長方形の間取りになって屋根形状もシンプルになっているので
雨風など台風など雨漏りのリスクも軽減されていきます。

28坪3LDK、1000万台で建てる総二階のローコスト住宅の間取り図

今回のプランは28坪3LDK のローコスト住宅の間取りになります。

リビングダイニングキッチンは15畳で2畳のフリースペースが西側についています。

フリースペースは特に使い方は決まっていませんが
ゲームなどのプレイスペースや学習コーナー
もしくはベッドルームなどを様々なスペースに利用できます。

家族の年齢に合わせ、もしくは趣味に合わせて変更することのできるスペースになっています。

リビングダイニングキッチンと合わせると17畳のスペースになるので、
空間に広がりも出るようになります。

玄関は3畳で西側玄関になっています。
西道路のほかに北道路や南道路での使用が可能な間取りになります。

28坪の小さな住宅であることと、総二階のシンプルなプランになるので
ローコスト住宅で建築することが可能になってきます。

玄関付近にはトイレがあり、帰宅後すぐ使うことが可能になります。

階段は独立階段で2階に上がってきます。

キッチンは対面式キッチンになっており
リビングとダイニングのスペースを見渡すことができます。

またリビングごしにフリースペースを眺めることができるので
さらに奥行きを感じるスペースになります。

ダイニングとリビングの前には掃き出し窓があり庭に出ることができます。
また大きな窓なので光も十分に入れることができます。

2階には寝室7.5帖とウォークインクローゼット3.5畳があります。

東の窓から光を入れるようになっています。
子供部屋の想定の洋室5帖は2室あり、南側に配置されています。

バルコニーに面して大きな窓が取られており明るい部屋になっています。

子供部屋を明るい部屋にするということは
心の面での健康を維持する上で大事なことになってきます。

健康状態を健やかに保つという事を考えると
南側の方が良いという考え方もあります。

各部屋にはクローゼットがあります。

トイレは1階と2階の2箇所に配置されています。
真四角に近いプランですので合理的に建築が可能で
ローコスト住宅になる間取りと言えます。

28坪3LDKリビング脇にフリースペースのある間取りシュミレーション

モダンな外観、ローコスト住宅の間取りシュミレーション

参考のプランは29坪3LDKのローコスト住宅の間取りです。

玄関ホールは西玄関になっていて西道路の想定になっています。

リビングダイニングキッチンは18畳でキッチンは対面式になっています。
キッチンの方からはダイニングとリビングが見渡すことができます。

リビングのテレビの背面にはリビング収納があって、
リビングを片付けるのに便利な収納になっています。

新聞や雑誌など部屋を片付けられない時に片付けるのに役立ちます。

キッチンは背面の収納も広くバックカウンターも使いやすくなっています。
東側には洗面室と脱衣室浴室などがまとまって配置されています。

2階の部屋にはリビング階段を上っていくようになっています。

2階のホールから東のベッドルームに入っていきます。
東のベッドルームは各部屋が5畳で東向きの窓東南向きの窓になります。
子供部屋の想定になっています。

2階のホールから南のバルコニーに出るようになっています。
バルコニーには布団干しや物干しなどをできるように物干し金物が配置されています。

寝室は8帖でウォークインクローゼットが4畳付いています。
バルコニーは限られたスペースで出来ており
全体の面積も29坪なのでローコスト住宅として建築することが可能です。

西側は窓がないので箱型のモダンな外観を作ることができます。
スタイリッシュな外観を作るのに適しています。

バルコニーを除くと総二階の間取りになるので
ローコスト住宅として建てるのに都合のよい合理的な配置になっています。

廊下のない無駄のない間取りなので部屋の数も確保されて、
広さもある家族で住むことのできる窓になっています。

(ローコスト住宅の間取りシュミレーション)

28坪2LDK二人で住む小さな平屋の間取り図

今回紹介するのは28坪2LDKの平屋の間取りです。
南道路の想定で南玄関になっています。

玄関の方にはカウンターの収納と土間収納があります。

土間収納は1畳ぐらいでコートなどをかけるクローゼットがあります。
玄関は奥に広い感じて4畳のスペースになっています。

少し余裕があるのでディスプレイをするか観葉植物など置いてもいいと思います。
雑然としてしまう恐れもあるので色んな物を置かない方がいいのかもしれません。

玄関のたたきの部分を広くしたいという場合は
玄関収納の位置を変えてアレンジするといいかもしれません。

玄関のすぐ西側には和室6畳があって押入れ1畳床の間事情があります。

南の方に掃き出し窓がついていて西にも窓があり、
対角線上に風が流れるので風通しの良い家になります。

この和室はゲストルームとかあるいは趣味の部屋に作り変えることはできます。

リビングダイニングキッチンは18畳で対面式で
キッチンからダイニングとリビングを見渡すことができます。

リビングの南側には広い掃き出し窓はついていて庭に出ることができます。
キッチン背面の収納とパントリー収納があります。
このことでキッチンの収納量が増して使い勝手を良くする効果があります。

勝手口がついてることによって例えばゴミを外に置くこともできます。
勝手口で風通しも部屋の対角線上に流れるといったふうになります。

洗面のすぐ近くにタンクレストイレと手洗いカウンターの収納があります。
トイレの方は幅を取らなくてもいいので手洗いのぐらい広くしてあげれば
ゆとりのあるトイレにすることができます。
そのことで毎日ですね数回使うトイレのスペース必ず使うスペースが
非常に良い環境になるので少し欲張ってみると毎日楽しくなります。

トイレのインテリアは間接照明を天井の角に入れるだけでも
それだけでも全然変わりますので、天井に照明をつけるのではなくて
壁につけるとそれだけでも変わってきますのでアレンジしたいところです。

洗面の奥の方には脱衣室があって浴室が奥の方にあります。
バスルームは一坪タイプで最もショールームにある大きさになります。

脱衣室の方には収納もつけることができます。
寝室8畳でそして大きな衣装室、ウォークインクローゼットがあります。
こちらの方は洗面側からも出入りするといった形にしてもいいです。
リビングからも出入りする扉をつけることでも使い勝手は良くなります。

平屋の間取りの大きさは28坪でほぼ正方形に近い長方形になります。
シンプルな形状なので屋根もシンプルになって無理な構造にもならないため
地震にも強く、台風にも強く、雨漏りの心配もないような形状で
災害に強い家にすることができます。

複雑な形状しないことで美しい外観を得るということと
コストも抑えられると思います。

家族の数が多くない人が建てる場合
二階建てにしなくてもいいという方も多いので
小規模の平屋の検討もしてみるのはいかがでしょう。

27坪3LDKの家族で住むローコスト住宅の間取り図

今回のプランは27坪3LDKのローコスト住宅の間取りです。

南道路の想定で3間間口の間取りになります。

リビング階段で2階へ上がるようになっており
総二階の間取りになっております。

階段下は収納で使うようになっています。

キッチンは対面式でダイニングとリビングを見渡せるようになっています。

キッチンから近い位置に洗面脱衣室と浴室があり
家事動線もコンパクトにまとめられているので作業しやすくなります。

玄関ホールは3畳で十分な広さを確保しています。
シューズボックスは天井まである仕様になっています。

玄関付近には収納もあります。

2階にはベッドルームが3部屋あります。

寝室8畳はウォークインクロゼット付きです。

子供部屋の想定の洋室は各部屋5畳程度で
南の明るいベランダに接して配置されています。

トイレは1階と2階に2か所あるので混雑が避けられます。

家族構成は4人か2人くらいを想定しており
夫婦2人と子供二人の家族が住める住宅になります。

シンプルな形状で27坪と延べ床面積も大きくはないので
ローコストで建築が可能な間取り図になります。




最近の投稿

プロフィール

一級建築士、注文住宅、分譲住宅など住宅の設計を多数手がける。リアルな現場の現状を取り入れて住宅設計に生かす。現在要望の多い間取り図を紹介中。

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村