和室がリビングに開放して一体化するローコスト住宅の間取り図。

今回は35坪5 LDK のローコスト住宅の間取りです。

間取りは総二階の間取りになっていて一階と二階同じ形状で
ほぼ正方形に近い長方形の間取りになっています。

一階と二階が同じ大きさなので総二階と呼ばれています。

建材の無駄を省いてシンプルな形にすることで
ローコスト住宅化を図るといった狙いがあります。

玄関ホールを入ると階段室があります。

玄関ホールは3畳ほどの大きさですが階段室2畳と一体化して
広がりのあるインテリアになります。

浴室と洗面脱衣室が玄関のそばにありますが
玄関からは見えな位置に扉があります。

洗面脱衣室は3畳収納があるので使い勝手の良いプランになっています。

水回りは連続して配管経路が短くてコストダウンはされているプランになります。

玄関付近には和室6畳があって床の間0.5畳押入れ1畳です。

東側に窓がついていて玄関からの入り口とリビングからの入ることができます。

客間として使う時は玄関から出入りしてもらう間取りになります。

和室はリビングに引き戸で開放してオープンにすることができるので
和室6畳と LDK 16畳が一体化して
22畳のリビングダイニングキッチンの広さに感じられます。

ダイニングとリビングからは両方掃き出し窓がついていて
家から庭に出れると言ったようなプランになります。

独立階段で廊下側玄関側から2階に上がっていきます。

南には寝室8畳のウォークインクローゼットと半畳クローゼット

2東向きの洋室6帖がクロゼット付きがあります。

教養の物入れが廊下に面して書斎もあります。
本をたくさん持たれてる方は必要でしょう。

ない場合でも趣味の部屋として使う書斎部屋が3畳です。
階段室が中央にありますので窓が取れないということで
天窓を取って明るく照らして足を踏み外したりとか無いようにします。

窓がない場合でも人感センサーライトの LED などで対応すると
より安全な家にしていけるということになります。

今回は総二階の間取りでローコストにできる住宅のプランになります。

若干リビングが16畳と小さめなのですけれども
和室と一体化して広く見せると行った工夫がされていたり

玄関は普通の大きさですけれども階段室と一緒にして
広く見せると言ったようなインテリアの工夫がされています。

小さくした部分もありますが洗面脱衣室なんかは広く取っています。
比較的コンパクトで使いやすい間取りになるんではないでしょうか。



カテゴリー: ローコスト住宅 間取り図,ローコスト住宅 間取り,間取り シュミレーション | Tags: , ,




最近の投稿

プロフィール

一級建築士、注文住宅、分譲住宅など住宅の設計を多数手がける。リアルな現場の現状を取り入れて住宅設計に生かす。現在要望の多い間取り図を紹介中。

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村