30坪4LDKフリースペースで子育てに対応する間取り図

今回紹介していく間取りは30坪4 LDK のプランです。
フリースペースがあるのが特徴で LDK 16畳も横に解放できるフリースペースがあります。

30坪と延べ床面積はそんなに大きくないコンパクトな住宅になりますが
そこにぎゅっといろんなものは凝縮されてるような感じになっています。

家族構成は子供二人と夫婦という家族構成で
2階には寝室と子供部屋の想定の洋室があります。

そして1階に浴室と洗面室を持ってくるのではなく
2階に浴室と洗面室を配置しています。

メリットは寝室からすぐお風呂に行けることがメリットです。

そして寝室の方からバルコニーに出れますので洗面脱衣室で洗濯して
すぐ寝室経由で物干しが出来るという動線計画になります。

家事動線もコンパクトになっていくという感じがあります。

1階のフリースペースの使い方なのですけれども
まず一つは第一段階で子供が赤ちゃんの時に
フリースペースを解放してキッチンから見えるところに寝かしておくと
ベビーベッドをキッチンで業しながら見るという感じになります。

そして少し成長して遊んで散らかしても片付けられるという形です。
遊具をあそびっぱなしでも引き戸を閉めるだけです。

子供の遊具毎回片付けるのが結構大変なんですよね。

遊具を放置しながら引き戸閉めると片付けたような形になります。

リビングダイニングは綺麗なままで子供の遊び場として使って
散らかしてもオッケーという形にできるようにしてます。

さらに子供が大きくなってくるとここを解放してテーブルをおいて
宿題をするスペースにすることができます。

自分の部屋はあるけれども勉強はここでいう形になってきます。

さらに成長するとパソコンスペースとかいったスペースにしたり
夫婦だけになったらベッドルームとして使っていくということもできます。

子供の成長に合わせ使い勝手を変えられる4畳のスペースになっていきます。

実質は本当に20畳ぐらいの LDK の使い勝手になります。

今回紹介したのはフリースペースのある間取りで、
子供の成長に合わせて変化するプランの紹介でした。






カテゴリー: ローコスト住宅 間取り図,ローコスト住宅 間取り,間取り 人気 | Tags: , ,




最近の投稿

プロフィール

一級建築士、注文住宅、分譲住宅など住宅の設計を多数手がける。リアルな現場の現状を取り入れて住宅設計に生かす。現在要望の多い間取り図を紹介中。

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村