28坪3LDK、1000万台で建てる総二階のローコスト住宅の間取り図

今回のプランは28坪3LDK のローコスト住宅の間取りになります。

リビングダイニングキッチンは15畳で2畳のフリースペースが西側についています。

フリースペースは特に使い方は決まっていませんが
ゲームなどのプレイスペースや学習コーナー
もしくはベッドルームなどを様々なスペースに利用できます。

家族の年齢に合わせ、もしくは趣味に合わせて変更することのできるスペースになっています。

リビングダイニングキッチンと合わせると17畳のスペースになるので、
空間に広がりも出るようになります。

玄関は3畳で西側玄関になっています。
西道路のほかに北道路や南道路での使用が可能な間取りになります。

28坪の小さな住宅であることと、総二階のシンプルなプランになるので
ローコスト住宅で建築することが可能になってきます。

玄関付近にはトイレがあり、帰宅後すぐ使うことが可能になります。

階段は独立階段で2階に上がってきます。

キッチンは対面式キッチンになっており
リビングとダイニングのスペースを見渡すことができます。

またリビングごしにフリースペースを眺めることができるので
さらに奥行きを感じるスペースになります。

ダイニングとリビングの前には掃き出し窓があり庭に出ることができます。
また大きな窓なので光も十分に入れることができます。

2階には寝室7.5帖とウォークインクローゼット3.5畳があります。

東の窓から光を入れるようになっています。
子供部屋の想定の洋室5帖は2室あり、南側に配置されています。

バルコニーに面して大きな窓が取られており明るい部屋になっています。

子供部屋を明るい部屋にするということは
心の面での健康を維持する上で大事なことになってきます。

健康状態を健やかに保つという事を考えると
南側の方が良いという考え方もあります。

各部屋にはクローゼットがあります。

トイレは1階と2階の2箇所に配置されています。
真四角に近いプランですので合理的に建築が可能で
ローコスト住宅になる間取りと言えます。

28坪3LDKリビング脇にフリースペースのある間取りシュミレーション



カテゴリー: ローコスト住宅 間取り,ローコスト住宅 間取り図,間取り 28坪 | Tags: , ,




最近の投稿

プロフィール

一級建築士、注文住宅、分譲住宅など住宅の設計を多数手がける。リアルな現場の現状を取り入れて住宅設計に生かす。現在要望の多い間取り図を紹介中。

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村