セカンドリビングで快適なローコスト住宅の間取り図

今回紹介するローコスト住宅のプランはセカンドリビングのある間取り図です。

セカンドリビングのある間取り図のメリットは
ずばり家族間でのいざこざの解消です。

いくら中の良い家族、鏡台、姉妹であっても

同じ家の中で居場所を分けたいと思うことがあります。

リビングで自分の好きな映画やバラエティーテレビを見たい時に
ゲームをずっとやっていたりするとテレビも見れなかったりします。

ダイニングで静かに食事をしたいときに
横のテレビの音がうるさくて落ち着けないと言うこともあります。

逆にテレビを見たいのにキッチンやダイニングの音や匂いが気になって
集中して楽しめないと言うこともあります。

昔の家族像では同じテレビを見ながら一家団欒と言う風景もありましたが
近年では趣味も多様化してそのようにも行きません。

それなら、自分の個室で好きなことをすればよい。

それぞれの個室を用意することで居場所ができて解消できるはずです。

個室のある家に住んでいる方はそうではないことを知っています。

それでもリビングの大画面のテレビを取り合ったり

くつろげるソファーを取り合うと言う現象があります。

そこでセカンドリビングをつくって、居場所を分けるというものです。

映画を見たい人とゲームをしたい人を分けられますし

1階に来客があるときでも2階でくつろぐことも可能です。

参考の間取りでは2階に8畳のセカンドリビングをつくっています。

個室も多く、パントリー収納や納戸など収納量もあります。

総二階の間取りですのでシンプルな形状で
ローコスト住宅化が十分に可能な間取り図です。



カテゴリー: ローコスト住宅 間取り図,間取り 40坪,間取り図 | Tags: , ,




最近の投稿

プロフィール

一級建築士、注文住宅、分譲住宅など住宅の設計を多数手がける。リアルな現場の現状を取り入れて住宅設計に生かす。現在要望の多い間取り図を紹介中。

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村